メモブログ

投資マインドの変化


 

こんにちは^^

 

今日は投資マインドの変化が起こる事象があったので記事として書いてみました。

最近の相場状況はボラティリティが高く、乱高下しています。

とてもスイングしにくい状況になっています。

そんななか、昨日のアメリカ市場中にある発言が発表されました。

それはバイデン大統領の発言より、『年収100万ドル以上の人のキャピタルゲイン税を大幅に引き上げる』ということでした。

年収100万ドルって1億円以上じゃん、そんな人日本よりは多いだろうけどアメリカの中でも割合は少ないでしょ。当然相場に与える影響は限定的になるだろ。

と考えたあなた、大甘ちゃんです。

アメリカの富裕層の株式比率は相当高く、それは海外の株式、当然日本の株だって持っています。

ではどういう状況になるかというと、

直近の高値が最高値になりやすくなります。

なぜかというとみんなキャピタルゲイン税が上がる前に利益確定をしたいと考えますよね?

株価が戻ってきたら我先にと売り物が出現するはずです。

したがって直近の高値を抜くことは当分困難だと判断しました。

ダウのチャートを見ると、直近では出来高が少ないまま高値更新を連続にしていたことを考えると、既に大口はだいぶ売り抜けていることも想像できます。

全てではないにしろおそらく高値を個人投資家に買わせています。

ちなみに外国人が空売りしている市場は一旦上げてから下がります。

これももちろん利益確定の買埋になり、市場が一旦は上がります。

そして全体市場方向に引っ張られて下落していきます。

一方、仮想通貨も同じことが起きています。

仮想通貨のキャピタルゲイン税を80%になんてことをイエレンさんが言い出しました。

Twitterにも書きましたが、ジョーク通貨が散見しだしたところで個人投資家に買わせて終了みたいな。

どの市場もそうですが、人気化させて最後は個人に買わせます。

それではどれくらいの期間ダウントレンドに、もしくはレンジ相場が続くのか?ですが。

これはキャピタルゲイン税の引き上げが緩慢になるか、見送るか、最終的には施行されるまでになると考えます。

かなり長い期間レンジ相場、ダウントレンド相場になるんじゃないかと考えています。

去年から今年前半まで株価の上昇はかなり早いものがありました。

その調整も長く続くのが通常だと思います。

また僕は仮想通貨も同じように上げていて、相場を引っ張っていたとも感じていました。

共倒れになる状況になり、どちらもかなり厳しい状況になることが見て取れます。

そして最近の日本市場では日銀さんの買いも少なくなり、”緊縮の始まり”と考えられ、為替も円高に偏っていくんじゃないかと。

こちらも投資マインドには影響する事象です。

以上のことから僕は今日の寄りですべての株式を売却しました。

5月の2週目まで決算になりますし、少し休みながらデイトレをやろうと思っています。

と今は思考していますが、相場は逆に行くということも考えられます。

あっさりと高値更新なんてこともありえます。

その時は仮想通貨もアゲアゲなんてことになっていればいいのですが。

もちろん僕も投資家なので市場が上げてくれることを強く望んでいます。

これがただの僕の杞憂で終わればいいのですが。。。

最後までありがとうございました^^

 

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。