専業トレーダー

裁量プライスアクショントレード


こんにちは、なおきです(^.^)

いつも応援ありがとうございます。

↓応援クリックをぽちっとお願いします。↓

リアルトレードをTwitterにてリアルタイムでつぶやきをしています。

LINE@ではリアルタイムトレードの動画や各種イベントの詳細、僕の手法の紹介をします。

そして今LINE@に登録していただけると、《相場心理分析レポート》を無料で配布しています。

noteを始めました。

noteでは日々のリアルトレードの根拠を細かく書いています。

無料なので、ぜひ登録してみてください。

《Twitterアカウント     なおき@FX

  L  I  N  E  @   → なおき@FX

《  note    → なおき流FX

 

友だち追加

 

 

今回から僕の実践トレード履歴から裁量によるトレードを紹介していきます。

これは僕の受講生の方から「システム的なトレード以外で、裁量トレードもしていると言っていましたが、どんなトレードしていますか?」という質問をいただきました。

ブログで書いて僕自身のアウトプットも含めながらやっていきます。

それでは昨日のトレードです。

NZDJPYのショートです。

チャートは5分足になります。

描画しているMAはSMA21です。

上の赤いラインがSL、下の赤いラインがTPになります。

黄色の点線ラインがエントリー価格になります。

赤い矢印がエントリー、×のストップサインがエクジットしたポイントです。

ペイオフレシオ3のトレードです。

上の白いラインは下降ラインで前のアップトレンドのフラッグになっています。

下から横に伸びている白いライン上で価格が揉み合い、力を溜めているのがわかります。

このような状況をビルドアップと言います。

ここからはまだ上下どちらに価格が進んでいくかわかりません。

そして価格が下のラインを抜けた後、その足をブレイクしたところでエントリーしました。

エントリーのポイントは、

 

①SMA21タッチ後からの下落。

②76.000円のポイントが下にある。(切り番への引き寄せの法則)

※ただし本当はもう少し上でのセットアップがよい。切り番は引き寄せの法則があると同時に抵抗支持線になる。

③アップトレンドから下に抜けた足の安値の試しがあった。

④しっかりとしたビルドアップができた。

 

今回の状況はとても良いセットアップだったのでペイオフレシオ3で取りました。

エントリー後のイメージは抜けた後、大きく下抜けするイメージでした。

しかし価格がもう一度抜けた価格を試しにきました。

これはとても多くある現象で、いちいち気にしていてはいけません。

むしろエントリーを見送ったときの、プルバック(押し戻り)でのエントリーのセットアップに繋がります。

しかし今回は76.00円の切り番での切り返しなので注意が必要だったのは間違いありません。

僕はエントリー後OCO注文後に抜けてしまったので夜まで約定していないとは思いませんでした。笑

見ていられれば恐らくペイオフレシオ2で利食いしていたと思います。

『120万からの始めるFX』口座でもエントリーしたので取引結果を載せておきます。

ではまた載せていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

PS. この前のトレードAUDJPYでは4.0Pipsのロスカットがありました。

 

 

企画『手法開発プログラム』を開催しています。

 

プロトレーダーを目指す方の育成の場所で、2ヶ月間で主に検証から実践的な手法を開発してもらいます。

 

充実したツールと手法マニュアル、Skype通話でのフォローで検証、手法開発の生産性を飛躍的に上げています。

 

もし参加してみたい方は下の問い合わせ、もしくはLINE@から申し込みください。

 

詳細は『手法開発プログラム』をご覧ください。

 

 

いつも応援ありがとうございます。

↓応援クリックをぽちっとお願いします。↓

リアルトレードをTwitterにてリアルタイムでつぶやきをしています。

LINE@ではリアルタイムトレードの動画や各種イベントの詳細、僕の手法の紹介をします。

そして今LINE@に登録していただけると、《相場心理分析レポート》を無料で配布しています。

noteを始めました。

noteでは日々のリアルトレードの根拠を細かく書いています。

無料なので、ぜひ登録してみてください。

《Twitterアカウント     なおき@FX

  L  I  N  E  @   → なおき@FX

《  note    → なおき流FX

 

友だち追加

お使いのメールアドレスは公開されません。
気になることがあったら気軽にお問い合わせください。

 

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。