専業トレーダー

システムトレードと裁量トレード


 

こんにちは、なおきです。

 

今回はシステムトレードと裁量トレードについてです。

 

システムはあらかじめ決められたルール通りにプログラムが自動的にトレードをして常に監視しなくてもよいトレードになります。

 

裁量は売買判断を自分で行ってトレードすることです。

 

どちらにしても共通することは“検証ありき”ということです。

 

どちらが優秀でという判断は一概には難しいところですが、初学者の方はまずシステム的な検証をしたほうがいいでしょう。

 

ルールと言う型にはめて成功体験を簡単に積むことができます。

 

トレードの成功体験とは

 

利食い=成功

損切り=失敗

 

でないことがわかります。

 

これは非常に重要なことで、裁量ではなかなか学びにくいことになります。

 

また人間の本能としてプロスペクト理論というものがあり、

 

利益は早く享受したくなり

損失は寛容になってしまう。

 

という強い潜在意識がすべての人に備わっています。

 

これを正すためにも検証によって成功体験を積むことがなによりも大切になります。

 

個人的にはこの後に裁量を入れていくことが最強だと思っていますが、それでもシステムに負けてしまう人の方が圧倒的に多いでしょう。

 

個人投資家の多くは裁量とレーダーだと言われています。

 

裁量トレードの甘い誘惑として

 

・自分の好きな時間に好きな通貨ペアを取引できる。

 

・状況に応じた判断ができる。

 

・経験を積むことができる。

 

・相場に合わせていくことができる。

 

・そもそもトレードが簡単そうに見える。

 

など言われていますが、はっきり言います。

 

初学者の方でこれらを学ぼうとリアルトレードしようと思ってらたやすく市場から退場させられてしまうでしょう。

 

しかもなにを学んだかも曖昧で経験が積まれているような気がするだけで、実際には何をやっても勝てないという経験しか残らなく

(これを経験することも大事なんですが)

 

これでは勝つようになるのは何年も掛かってしまいます。

 

損失に寛容になるという本能があるので、負ければ負けるほどリスクを取りやすくなる傾向が強くなるのだから、負けも一気に加速してしまいます。

 

プロスペクト理論を理解していたとしても免れないでしょう。

 

資金管理の徹底していたとしても、トレードの0.1%でも規律を破ってしまえば、そこで大きく損失を出してしまうこともあり、

 

さらには1度規律を破ってしまうとその後、再度規律を守っていくのは困難になってしまいます。

 

私もこういった多くを経験しました。

 

こうなってしまうのは理解ではなく潜在意識レベルで正していないからなんです。

 

なのでまずは検証をしてシステマチックなトレードで成功体験を積んでいくことをおすすめします。

 

潜在意識にトレードの成功体験を積ませていきましょう。

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。