専業トレーダー

正しい練習がトレードの景色を変える


こんにちは、なおきです。

 

今回は練習の大切さです。

 

僕は正しい練習方法がトレードを1番向上させることだと思っています。

 

一流のプレイヤーになったら練習などいらないと思っていませんか?

 

それは大きな過ちです。

 

なぜ練習が必要なのでしょうか?

 

下手だから、できないから練習するのでしょうか?

 

これは初学者ならそうでしょう。しかし実は練習という本質は初学者や上級者関係ありません。

 

“もっとうまくなるため”この一点のために練習が必要なんですね。

 

これは下手だから、できないから練習するとは同意ではないのです。

 

トップアスリートであっても過酷な練習を行っているように、トレーダーも必要なのです。

 

もちろん練習内容は人によって違うことになるかもしれませんが、

 

この練習内容が超重要なんです。

 

バスケットボールで一流プレーヤーだったマイケル・ジョーダンはこう言っています。

 

「1日8時間のシュート練習はできる。でもやり方が間違っていたら、間違ったシュートがうまくなるだけだ」

 

これは練習の本質をとらえていると思います。

 

皆さんはFXにおける練習方法は間違っていないでしょうか?

 

FXの練習方法は数多く種類がありますが、

 

デモ口座でただ闇雲にダウ理論的をみてアップトレンドだからロングだ!とか長期MAに対して短期MAがクロスしたからショートだ!的なことをすることでしょうか?

 

断言できます。こんなことを5年10年していても勝てるようにはなりません。

 

遊びでFXをしているならそれもありでしょう。ただギャンブルがしたいだけならそれでもいいでしょう。

 

しかしプロとして結果を残したのであればこのような練習では全然ダメです。

 

なぜならFXの本質を知ることができないからです。

 

私が思うFXで勝つための本質とは、

 

勝ち負けトータルでプラスにすることです。

 

まずは勝ち負けトータルでプラスにすることの練習をすることです。

 

これにはデモ口座での実践形式ではなく、最初は検証を行うことです。

 

そしてこの検証方法も正しい検証でなければ意味のないものになってしまいます。

 

検証ができない人はトータルで勝てることは難しいでしょう。

 

エントリー、エグジットのタイミングやテクニックなどを知り

 

検証でそのメソッドの勝ち負けトータルプラスにするという本当の意味を知り、

 

そこからデモ口座或いは小額でのリアルタイムトレードにて成功体験を練習として積むこと。

 

これがトレーダーで成功する1番の近道でしょう。

 

それともう一つ大事なことに気が付いてください。

 

間違った練習をしていると、その膨大な時間が無駄になることは人生において大きな損失になるということ。

 

 

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。