専業トレーダー

読書は絶大の効果あり


 

こんにちは、なおきです。

 

今回は読書についてお話します。

 

突然ですが皆さんは月に何冊ぐらい読書をしますか?

 

1冊という人もいれば、5冊、10冊以上という人もいると思います。

 

なかには読書しません!という人もいそうですね。笑

 

読書は嫌いでなくとも、苦手にしている人は多いと思います。

 

私も若い頃は月に1冊を目標にしていましたが、今では月に10冊程度の投資関連やビジネス本を読破しています。

 

日本人の平均読書量は1ヶ月あたりたった1冊だそうです。

1ヶ月に3冊読めば読書家と呼ばれ、7冊読む人はなんと日本人の上位4パーセントに入る程の読書をしている計算になります。

 

読書はこう言われています。

 

『読書量は年収に比例する』と。

 

こう聞くと早速読みたくなりますよね。笑

 

FXや投資に関連する本は読んでいると思いますが、読んでいないなら早急に読むべきです。

 

その分野で成功している人たちが何年も掛けてその経験を書き上げたものには最高の価値があります。

 

よしじゃあ読もうと考えている人たちにちょっと待ってもらいたいです。

 

ここで生産性を上げるために『速読の勉強』をオススメします。

 

1冊読むのに3時間掛かる物が2時間になったとしたらどうでしょうか??

 

時間の効率性が格段に上がりますよね。

 

勉強したからといってすぐに身に付くものではありませんが、

 

意識して読むことによってこの先、何十時間、何百時間の違いが生まれてくることでしょう。

 

私のメンターはパンローリング本はすべて見ていると言います。

 

それだけ見ればFXで負けることはないとまで言っています。

 

読書の習慣がない人は最初大変かもしれないですが、無理をせず1日5分程度からでも読書を始めてみてください。

 

たくさんの気付きや勉強になることでしょう。

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。