専業トレーダー

FXで成功するための順序


 

こんにちは、なおきです。

 

今回はFXで成功するための順序についてお話します。

 

投資の世界で成功されているアレクサンダー・エルダー博士は3つのMが大切だと有名な言葉があります。

 

『メソッド(手法)、マネー(資金管理)、マインド(心理)』

 

です。

 

さて、この中で1つでも欠けてしまったら安定的に勝つなんてことは不可能ですが、

 

このなかで習得していく順番があります。

 

 

 

 

     ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

答えは『メソッド(手法)』です。

 

まあそれはさておき最近はマインドやメンタルばかり取りざたされることが多いですが、

 

本当にマインドは重要でしょうか?というよりメンタルが弱気になったり、強気になったりって本当に検証をしているのでしょうか?

 

「そもそも、そのメソッドは期待値が取れているのか?」ってことです。

 

マイナス期待値のメソッドに対して、いくらマネー(資金管理)&マインドが優秀でも絶対に勝てません。

 

最初から勝てないことをマインド、メンタルのせいにするのはとても危険です。

 

メソッドを検証すればそのメソッドの実力が分かります。

 

勝率やPF、PRが分かるでしょう。それに加え最大連敗回数、最大連勝回数なんかもわかります。

 

検証を深堀すればするほど、メソッドに対しての理解が進みます。

 

そうすれば何回かの連敗など当たり前なのがわかってくるのでリアルトレードしていてもメンタル云々がぶれることはありません。

 

なので検証作業が絶対的に必要なことになります。

 

例えば情報商材を買ったとして、先ず最初にそれは本当にプラスの期待値があるかの検証をしないといけません。

 

どういう状況が得意で不得意かを知ることも重要ですし、そもそも期待値が取れているかも確認しなくてはいけません。

 

単にその期間だけ取れているような複雑なテクニカルでカーブフィッティングしているだけかもしれません。

 

さらに裁量トレードの商材では商材を作った人より良い成績を出すことは至難の技です。

 

なので検証作業が圧倒的に必要なことなんです。

 

そしてプラスの期待値のメソッドを得て初めて、どういった資金管理がこのメソッドに必要なのかがわかります。

 

なので1番最初にやるべきことはメソッド(手法)を考えること!になります。

 

そしてくれぐれもこの3つを習得してないうちから実弾トレードをした場合、湯水のように資金を使い果たして市場から追い出されるに違いありません。

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。